今年も始りました!「鮎の塩焼き」

 囲炉裏があるからには・・・もちろん炭焼きです。

 鮎なんてね、今は年中食べられるんですよ。
 でも、せっかくだから、冷凍じゃないものを出したいじゃないですか。

 だから、三洞では、6月から10月まで、「鮎の塩焼き」をやっています。
 秋になったら鍋だしね。




 弟に頼んでおくと、こんな感じで市場から鮎が届きます。
 箱には、7〜12尾の鮎が入っています。

 重さなんですよね。
 数が特定できないのは、少々困るのですが。

 鮎は「香魚」とも書きます。
 スイカの匂いがするのです。



 ヌメリを取って、串を打って、塩をして・・・準備完了!
 この時点で、備長炭が「炭熾し」の中で大爆跳しています。

 真っ赤に熾きた炭を囲炉裏に生けて・・・遠火でじっくり焼き始ます。
 まずはお腹から。

 火が通ると、口からはらわたの汁が出てきます。
 これが身に沁みるから・・・とっても美味しくなるのです。

 炭火で焼いた鮎は、頭から尾まで、骨まで全部食べられます。

 あなたも一度、ご賞味ください。



大宮駅西口徒歩2分 癒しの飲み屋「三洞」

女性の一人客の多いお店です。
女性はフリー、男性会員制。

大宮駅からの道順はこちらです。

【営業時間】
18:00頃~24:00頃 日曜・祝日休み

【TEL】
048-871-5178(営業時間中)
*営業時間外は店主の携帯までご遠慮なくどうぞ。
090-3047-7372

【MAIL】
isoda3dou@docomo.ne.jp
info@3dou.net

関連記事

  1. 鮎の塩焼き ご予約受付中です。
  2. 鮎の季節がやって来ました!
  3. 牛モモ肉のロースト
  4. 今年も比内地鶏鍋、始めました。
  5. ダチョウのお刺身
  6. 牡蠣
  7. エビとタコのガーリックバター炒め
  8. 比内地鶏鍋の秘密

最近の記事

  1. 牡蠣
  2. カニ汁
  3. Moll’sライブ

アーカイブ

PAGE TOP