1. 開店8周年

    8年半前・・・。引退した父の店を継いでいた弟が、大宮に店を移転しました。今、こう書いていて、それがものすご~~~く嬉しかったことを思い出しました。嬉しくて、最初の1ヶ月間は、昼も夜も無償で手伝いをしていました。なぜ、そんなに嬉しかったのか・・。今考えてみると、その時から「…

  2. 三洞カレンダー「ちょっとしあわせ気分」12月

    15年前の、ある日のこと・・。友人に、銀座のワインバーに連れて行ってもらった。田崎真也さんのお店で、友田さんという素敵な女性が店長をやっていた。丁度その時、印刷したばかりの葉書サイズのカレンダーを持っていたので、名刺とともにお店に進呈したところ、後日、「お店用にオリジナル…

  3. 鍋物と親孝行

    父が亡くなって今日で20日が過ぎました。1週間休んでいたお店も再開し、2週間が経ちました。母も父も亡くなったので、思うところは色々あります。ぽつぽつとそんなことも書いてみようとか思っています。父は、18歳から料亭で修行をし、料理一筋63年。本格和食の職人であったがゆえに、…

  4. はんぺん焼き

    お店「三洞」の料理は、隣のSakuragiのマスターである、私の弟が作ります。弟は料理本の著者ですから、私が作る必要はありません。従って、私が作るメニューは、主に「切るだけもの」。その典型が「はんぺん焼き」です。買ってきたはんぺんを4つに切るだけ。でも、ちょっと醤油を…

  5. こんな話をすることもあります。

    今日もお店で、お客様のお話を聞きました。通勤の苦痛、通勤に費やす時間の膨大さ、それゆえの自由に使える時間の少なさ・・・。よくわかりますよ。私も10年間だけですが、サラリーマン生活をしましたから。でも、この「時間」の大切さは、「現状維持」では決して気付かないものなのだとつくづく思います…

  6. マッサージ三昧&カワハギ鍋

    19日土曜日は、結婚を祝うための内輪の集まりと、その他のご予約で満席でした。活気あふれる店内で、注文も飛び交いましたが、私は、前夜、若者言うところの「オール」に近いことをしてしまい、眠気と二日酔いと、首、肩のコリでグッタリ・・・。しかし!幸いにも、お客様にマッサージの仕事をしてい…

  7. お父さん・・・

    11月3日の早朝、父が亡くなりました。享年81歳。半年ほど前に健康診断で肺がんが見つかりました。初期でもあり、高齢につき進行も遅いということで、放置すれば平均で3~4年、その他にいくつかの治療方法を提示された中、父は手術を選択しました。おそらく、私たちに一番迷惑が掛からない方…

  8. 店の前に不思議な荷物が置いてあった・・・

    10/5、雨の土曜日は、朝から「1日で一気に売れるようになる10時間セミナー」でした。店主三洞、元気よく楽しく喋りましたよ。喋り始めてから7時間後、受講者の方々を残し、私は外に出ます。私不在で、受講者同士で、セミナーの内容に関する不明な点や質問を忌憚なく話し合っていただくための時間で…

  9. google様は神様です!どうもありがとう!

    10月に入り、すっかり秋らしくなりましたね。さて、先週のこと。同い年の女性がカウンターに一人居るとこるに、最近、よくご利用下さるドクターの方が、後輩の方とご来店。「ここで女性に会うのは珍しい」と言うから、「ウチは女性客の方が多いんですよ」と言うと、「ウソだ~」と信じてくれ…

  10. さんまの季節、到来!

    「秋来ぬと目にはさやかに見えねども           風の音にぞをどろかれぬる」藤原敏行という人の有名な歌です。ちなみに、私の息子の名前は敏行。私の名前「敏」と、この作者にあやかって命名しました。今日は冷房を入れず、入り口の扉を開けて営業できています。心地よい秋の夕…

最近の記事

  1. 牡蠣
  2. カニ汁
  3. Moll’sライブ

アーカイブ

PAGE TOP