ご報告:みんなで梅酒をわいわい仕込む会

6月16日、雨の土曜日。
「みんなで梅酒をわいわい仕込む会」の日です。

店内に入ると、梅の甘い香りが出迎えてくれました。

これは、梅干に使う高級素材の「南高梅」。
通常、梅酒には青い梅を使いますが、今年は梅の実が不作だそうで価格がおかしく、なんと、市場では青い梅よりも南高梅の方が安かったそうです(弟のSakuragiマスターの談)。

そこで、贅沢にもこの南高梅で梅酒を仕込む、とってもお得な会となりました。

大宮西口癒しの飲み屋「三洞」
大宮西口癒しの飲み屋「三洞」

こちらが準備するもの。
この会の発案者であり、先日まで写真展をやってくれたYukariさんの撮影なので、ただの「備品の写真」が「商品写真」に見えます。

大宮西口癒しの飲み屋「三洞」
大宮西口癒しの飲み屋「三洞」
大宮西口癒しの飲み屋「三洞」

まずは私からのご挨拶と手順の説明。

大宮西口癒しの飲み屋「三洞」

梅酒は、とっても簡単なんですよ。
梅干や味噌の場合は、カビが生えないように水気に注意したり、消毒のために容器を焼酎で拭いたりしますが、焼酎そのものに漬けるのですから、カビの生えようもありません。

だから、どんどん進めちゃうと、すぐに終わっちゃう。
でも、幸いと言うか、厨房が狭いので皆さん同時に作業ができないため、そう短時間には終わりません。
その間、私がお話をすることになるのですが、皆様が色々と質問して下さったので、セミナー口調になる必要もなく、リラックスした雰囲気の中で会話を楽しみながら、待機の時間を過ごすことができました。

ありがたいことに、真剣にメモを取る少年!

大宮西口癒しの飲み屋「三洞」

大宮西口癒しの飲み屋「三洞」そしていよいよ作業開始です。
ビンを洗って水気を拭き取り、梅を洗い、爪楊枝でヘタを取ります。
梅干の時は特に重要。ヘタからカビが生えるので。

洗った後は、梅の水気を取ります。

大宮西口癒しの飲み屋「三洞」

大宮西口癒しの飲み屋「三洞」

そしてビンに詰める作業。

今回は、普通の梅酒、ブランデー梅酒、黒糖梅酒、ウオッカ梅酒を仕込みました。
その他、日本酒、ホワイトリカーではなく本格焼酎で仕込む梅酒、砂糖の代わりに蜂蜜を使った梅酒など、色々なバリエーションがあります。

大宮西口癒しの飲み屋「三洞」
大宮西口癒しの飲み屋「三洞」

完了!

大宮西口癒しの飲み屋「三洞」大宮西口癒しの飲み屋「三洞」

右は黒糖梅酒。
Yukariさんが作成してくれた、日付を書いたタグと、梅の実を使ったレシピの書かれたタグをビンに結んで終了です。

大宮西口癒しの飲み屋「三洞」

最後に、こうした「手作り」「手作業」を行うことによって生じる「7つの効用」をお話させていただきました。

<1>美味しい

手作りの満足感や、いわゆる「手前味噌」ではなく、自作したものは明らかに市販のものよりも美味しいです。
手作り品を味わっていると、スーパーで売っている梅干や味噌を食べた瞬間、明らかに大量の添加物が入っていることが舌で感じられます。
梅干なんて、市販のものは、実は梅干ではなく「調味梅」とよばれる商品。
台湾などでふやかした梅を国内に持って来て、そこに人口調味料で味付けをしたものです。
梅酒についても同様で、とっても美味しい本格梅酒も販売されていますが、自作のものは、一般的な商品とは、明らかに濃さやコクが違います。


<2>健康的

明らかに無添加ですからね。体に良いのは明らかです。


<3>良い趣味になる

お金の掛からない、健全で健康的で文化的な趣味になります。


<4>ボケ防止

「手仕事」をしている人はボケにくいという明らかなデータがあります。


<5>文化の伝承

大宮西口癒しの飲み屋「三洞」

言葉を弄さずとも、この写真を見れば感じていただけることでしょう。
後世に伝えるべき、良き日本の文化はたくさんあります。


<5>正しい節約になる

ファイナンシャルプランナーとしてのセミナーで、節約について話をすることがあります。
節約は、やろうと思ってもなかなかできるものではありませんし、続きません。
だから「正しい節約」の方法を知る必要があります。

正しい節約には、「健康志向の節約」「趣味を生かした節約」「手作りによる節約」「エコロジー志向の節約」などがあります。
梅酒や梅干、味噌などの手作りは、いずれにもあてはまります。


<6>金運が上がる

ファイナンシャルプランナーとして1000世帯以上の家計を拝見させていただいた経験からも明らかですし、海外のバイブル的な「生き方本」「お金に関する本」にも同様のことが書かれています。


最後に。
参加くださいました村田純次様より、早速Facebookの方にメッセージをいただきました。
紹介させていただきます。

~~~~~~~~
昨日は大変お世話になりましたm(_”_)m
いやー祖母が昔に作っていた以来、何かきつかけが欲しかったので、よかったです。
三洞さんのお話によると、市販の梅酒は梅汁添加酒であって梅酒ではない・・・というのは、その後一人残りまして、お店としての「三洞」で去年の梅酒を飲ませて頂いたときに、すがすがしい媚びていない味に納得しました。
その後の囲炉裏で、いろいろ炙って食べさて頂きましたが、囲炉裏マジックも堪能させて頂きました。
次の仕込み企画楽しみです。ありがとうございました。
~~~~~~~~

村田様、そして参加下さった皆様、準備と当日のアシスタント及び撮影をしてくれたyukari様、誠にありがとうございました。


以降、こんな企画を考えています。

■子供連れでもOK!「今、聞いておくべき家計のお話」
 すでに開催は決定しています。詳細はこちら

■利酒会&日本酒に合うおつまみを味わう会

■三洞 書の教室……月一回ぐらい開催するつもりです。

■味噌を仕込んでみよう!(秋)

ご興味ある方はメッセージ下さい。
多くの方々のご参加をお待ちしております。

関連記事

  1. 大宮駅西口「三洞」で驚く人々
  2. 梅酒、漬けました。
  3. この人が料理を作っています
  4. 大宮西口 書のある飲み屋
  5. 宮藤官九郎?
  6. 3月13日のおすすめ
  7. 比内地鶏鍋の秘密
  8. Canadian Night

最近の記事

  1. 牛巻き寿司
  2. 牡蠣
  3. カニ汁
  4. Moll’sライブ

アーカイブ

PAGE TOP