2012年の雛祭り

「灯りをつけましょ雪洞に~
 お花をあげましょ桃の花~」

 ということで、雛祭りの桃の花を生けてみました。
 生けたって言っても、ただ剣山に刺しただけですけどね。
 投げ込む方が楽だし、形良くなるような気がします。

 でも、折角生けたのに、なぜか女の子が全然来ません。
 普段は女性ばっかりなのに……。
 不思議です。
 桃の花の前で、おっさんが飲んでます。

 花は日々欠かさないようにしています。
 本当は野の花を生けたいのですが……まだ咲いてません。
 もう少しすると庭の木瓜が咲くので、それまでは我慢します。

 次に頑張って生けるのは、恒例の「花見の宴」になります。
 おそらく4月の第一週になるでしょう。
 花屋さんに「○日に三分咲き」と注文しておきます。
 生けるには結構な力が必要になりますが、店中が桜で飾られると、とても嬉しくなります。
 卒論のテーマであった西行の歌なんかを思い出します。
 その週はずっと店内で花見の宴が繰り広げられます。

 さて、これから女の子、来るかな~?
 期待して待つことにします。

関連記事

  1. 世間と逆なのです。
  2. さいたまタウン新聞さんに掲載いただきました
  3. この人が料理を作っています
  4. 忘年会シーズンの金曜日
  5. 大宮駅西口「癒しの飲み屋 三洞」ってどんなお店?
  6. 女性の一人客の多いお店です
  7. 入りにくいお店
  8. 夢を実現できる店

最近の記事

  1. 牛巻き寿司
  2. 牡蠣
  3. カニ汁
  4. Moll’sライブ

アーカイブ

PAGE TOP