女性の一人客の多いお店です

 何度も書いてますが、「大宮西口癒しの飲み屋 三洞」は、
 女性の一人客が異様に多いお店です。

 入りにくいお店だからでしょうね。
 その分、一度入って、私とお話しちゃえば、次回からは
 「安全で落ち着ける隠れ家」になるのでしょう。

大宮西口癒しの飲み屋「三洞」

 これは、ある日のカウンターの風景。
 一日4食限定「三洞ラーメン2号」をカウンター全員で食べているので撮りました。
 手前に珍しい青年の一人客が居ますが、2人の女性は連れではありません。
 それぞれ単独でのご来店です。

大宮西口癒しの飲み屋「三洞」

 これは一昨年のべんちゃんの誕生パーティーの時の写真。
 私がロンゲですね。この直前まで、腸炎で40日間入院していたのです。
 私以外、写っているのは全員女性ですが、これも皆さんそれぞれに来店して、
 常連さんになった女の子たちです。
 女の子同士、友達になって、別の店に繰り出したりもしています。

 ちなみに、隣の弟の店「Sakuragi」も、女性比率及び女性一人客の多いお店です。

大宮西口癒しの飲み屋「三洞」

 三洞とSakuragiの大常連様ばかりが写ってますね。
 もちろんそれぞれが一人客様です。
 飲んでいるのは……私が造った密造酒ですね。
 密造酒なので、売ってはいませんよ、もちろん。

 一人のお客様が来ると、「何でウチに来て下さったんですか?」と聞きますが、かつて、
「女性/一人/酒 で検索したら出てきたから」
 と答えた女の子がいました。
 きっと、そんなことをブログに書いてくれたお客様がいらっしゃるのでしょう。

 もちろん、全員が最初から一人で来て下さったわけではありません。
 最初は女の子同士のグループや、会社の人と来て、次回からは一人で……というパターンが結構多いです。

 女の子同士の場合は、「その子だけが家が近いから常連さんになる」であって、
 折に触れてお友達同士でも来店下さいます。
 でも、「会社の人と来て、次回からは一人」の場合は、以降は会社の人とは来なくなります。
 理由を聞いたら、
「会社の人とはここには来たくないんですよ。折角一人で飲めるお店なので」
 とのことでした。

 普通の店主なら、
「そんなこと言わないで、たまには会社の人とも来て下さいよ」なんて言うのでしょうね。
 でも、私、そんなツマランことは言いません。
「そうですよね。もう会社の人は連れて来ないで下さい。会社話、ツマンナイから」
 なんて笑いながら言っちゃいます。
 その後、その方が会社の人と一緒に来た時には、
 「ごめんなさい。連れて来ちゃいました。コイツも飲ませてやって下さい」と笑って言っておりました。

 そうだ!
 今思い出したけど、去年の3月末に、とっても可愛らしいけど
 落ち着いた雰囲気の、素敵な女性のお一人様がご来店下さったことがありました。
 
 転勤で引っ越してきたばかりという女医さんで、「また来ますね」と
 言っていたのに来なくなってしまいました。
 理由は、アホな若い男がむやみに話し掛けたからだと思います。
 しかも、レベルの低い話を。
 そういう迷惑に遭遇する可能性が低いからこそ、女性の一人客様が来てくれるのに、
 私が厨房に入っているスキにやらかしていたのですよ。

 その小僧は、次に来た時に私に激怒され、きっちり出入り禁止といたしました。
 女性の皆様、ご安心下さい。三洞は見た目とは大違いで、平均値よりもはるかに
 男っぽいので、そういう軟弱迷惑男は撃退いたします。

 その証拠に、三洞の男友達は、弟・べんちゃんを含め、男臭い男衆ばかりです。
 例えばこんな感じ。

大宮西口癒しの飲み屋「三洞」

 どうも、男性が女性の本音を全然見抜けないのと同様、女性も、男性の「男らしさ」の
 判断基準をかなり低いところに設定しているので、私のような男気の塊のような男は、
 損ばっかりしてるんだよな~……なんて、全然関係ないグチになっちゃいましたので、
 この辺で終わりにします。
 この話は、著書に気の済むまで書かせていただきます。

 ということで、三洞は、今宵も一人飲みの女性のお客様を楽しみにお待ちしております。

関連記事

  1. 雪の日の燗酒
  2. Canadian Night
  3. 2012年の雛祭り
  4. 梅酒、漬けました。
  5. 夢を実現できる店
  6. 早くも師走
  7. お酒はたっぷり、濃い目に!
  8. 大宮西口 書のある飲み屋

最近の記事

  1. 牛巻き寿司
  2. 牡蠣
  3. カニ汁
  4. Moll’sライブ

アーカイブ

PAGE TOP