真面目な若者達

 昨年の秋、大学生がたくさん店に来てくれたことがあります。

 息子は小学生の頃、彼らの先輩たちに世話になっていました。
 休みの日に子供たちと遊んでくれるサークルなのです。

 国立大学で福祉だの何だのを専攻して、休みの日には他所のガキどもの
 世話をしてくれるような学生さんたちだか ら、皆さんとっても真面目です。
 酒と音楽とギターと麻雀と競艇と怠惰な文学に浸っていた私の学生時代とは、まるで正反対。

 だから、私の話が楽しいのかもしれません。
 他のアホな大人のように、「社会に出ると……」といったくだらね~話は、一切しませんから。

 その日、一番たくさん話をしたのは、お寺の倅。
 将来的には寺に入らなければならない……と、少々困ったことのように言っています。

 「小さい頃からそのつもりなんだろ」と聞けば、
 「ハイ」
 「イヤなのか?」
 「イヤじゃありません」
 「じゃ、何で困ってるんだ?」

 答えは、真面目な若者らしい、ほほえましいものでした。
 ようやく見つけた、付き合いはじめたばかりの彼女が、田舎の寺に入ってくれる可能性は低い。
 今後も、同様の可能性がいつもつきまとう。
 きっと自分はお見合いで結婚することになると思う……云々。

 私も丁度イイ具合に酔って来て、舌も滑らかになり、得意のネタをどんどん話してあげました。
 それを詳細に書いたら何時間も掛かってしまうので書きませんが、青年はスッキリした顔で、
 「いや~、話が聞けて、ホント、良かったです!」と言ってくれました。

 男と話すのにも飽きたので、次は女の子たちとお話。
 「男なんて、チョロイもんよ」という話から始まって、
 「男の子が何を考えてるのかわからない……なんて言うだろ。
 あのね、そもそもそれが間違いなの。だって、男なんて、何も考えてないんだから。
 オレぐらいの年齢でも一緒。 あんたたちのお父さんだって一緒なんだよ」
 
 そして、執筆中の「わずか7文字で男から誘わせる、魔法の言葉」の内容をちょっとだけ披露。
 「すっご~い! 完璧じゃないですか~!」
 の言葉に、歓喜の大爆笑をしたのでした。

 それにしても、学生さんたち、真面目です。
 真面目と言うか、老成というか、小ぢんまりと言うか……
 以前に短大や女子大で年に4回ほど話をさせていただいていた時にも思いましたが、
 「オレの方がはるかに若いじゃないか!」
 という感じです。

 若人よ、真面目なことは素晴らしいけど、過去の常識なんて、もうすぐ
 正反対になっちゃうのだから、もっともっと若者らしく弾けちゃって下さい。
 
 いつでも遊びに来なさい。
 パワーと気合を注入してあげるから!

関連記事

  1. お父さん・・・
  2. 炭火のパワーと43年来の友達
  3. 食べ過ぎです・・・
  4. 祭りの後に思うこと
  5. はじめての買い物(前編)
  6. 意識を変えたら……
  7. 明日から神輿、その前に梅干。
  8. 真っ黒クロスケ

最近の記事

  1. 牛巻き寿司
  2. 牡蠣
  3. カニ汁
  4. Moll’sライブ

アーカイブ

PAGE TOP