囲炉裏で鮎をじ~~~っくり焼きませんか?

さあ、鮎のシーズンです!

鮎、美味いですよね。
ちなみに、「香魚」と書いても「アユ」ですね。
もちろん香るのは釣った直後であって、焼いちゃうと香ばしい香りしかしませんが。

今時はネットでも鮎は買えますが、しかし、これを焼くとなるとご家庭では難しいものがあります。
焼くだけなら簡単なんですよ。焼魚用のグリルですぐに焼けちゃう。
もちろんそれでも美味しいです。

でも、炭火の遠火でじ~~~っくり焼いたものは、全然違うんですよね。


ということで、お店「三洞」で、鮎の塩焼き、やります!

余っちゃうととっても悲しいことになるので、日を決めて、ご予約をいただいて焼きます。
遠火だと、1時間以上掛かるので。
でも、そうやって焼くと、皮はパリパリ、身はふっくらに焼けます。

まずは14日土曜日。
先着10名様のご予約を承ります。


ご希望の方はメッセージまたは私までメール下さい。
お越しになるお時間もお知らせ下さい。下準備、しておきますので。
「二尾食べる!」という方も、その旨お知らせ下さい。

頻繁にひっくり返す必要は一切ないですが、焼いていると、ジワジワ~っと脂が出てくるんですよ。
ハラワタから出る脂らしいです。
炭火の遠火で焼くと、それがじっくりと身にしみるから、美味しくなるのだ……と弟が教えてくれました。

炭火と鮎の変化を眺めながら、焼けるのをゆっくり待ちつつチビチビ飲む時間は、実に良いものです。

是非一緒に鮎を賞味しましょう。


ちなみにこれは今日の漬物。

大宮西口癒しの飲み屋「三洞」
長なす、朝採れキュウリ、茗荷、ピーマン、そしてラッキョウです。
ラッキョウだけは2日漬けました。

先程味見したら……たまらなくなって、ビール、注いじゃいました。
いや~、ラッキョウのぬか漬け、美味いです。

お客さんに出す前になくなりそうです……。

関連記事

  1. 誕生日の宣言3つ
  2. お店定休日につき、書作の一日。
  3. 食べ過ぎです・・・
  4. はじめに言葉ありき
  5. お父さん・・・
  6. お店定休日につき、書作の一日。
  7. はじめての買い物(前編)
  8. ワシントンから28年ぶりの旧友が。

最近の記事

  1. 牛巻き寿司
  2. 牡蠣
  3. カニ汁
  4. Moll’sライブ

アーカイブ

PAGE TOP