秋の月



数年前(生存中)、庭に出た俳人の父が言った。

「秋の季語に『水澄む』ってのがあるけど、本当なんだな~」

そう、秋になると、庭のメダカ水槽の水は、急に透明度を増す。
ことに、先日の台風の豪雨で、自然に水替えができたので、水はすっかり澄んでいる。

昨夜は店を息子に委ね、友人の誕生日のお祝いに。
帰途、十五夜の満月を正面に見ながら、陸橋を渡る。

花と月を愛でた西行は、どんな気持ちで月を見ていたのかと、ふと思う。
地球が丸いことも、満ち欠けの理由もわからぬ時代の人にとって、月は何とも不思議な存在であったことだろう。

路地に入って、ふと気付いた。
「ああ、これは、明け方の明るさだ」
時間はまだ夜中の2時半。

「月明かり」を感じたのは何年ぶりのことであろうか。

写真は、友人が送ってくれたロンドンの昨夜の月。
遠く離れた地でも、十五夜の月は、丸く、明るい。

大宮西口癒しの飲み屋「三洞」

大宮駅西口徒歩2分 癒しの飲み屋「三洞」

女性の一人客の多いお店です。
女性はフリー、男性会員制。

大宮駅からの道順はこちらです。

【営業時間】
18:00~24:00(23:30 ラストオーダー) ほぼ年中無休

【TEL】
048-871-5178(営業時間中)
*営業時間外は店主の携帯までご遠慮なくどうぞ。
090-3047-7372

【MAIL】
info@3dou.net

関連記事

  1. 思い荷物を背負って・・・
  2. しあわせの縮図
  3. 飲食店向きではない店主
  4. 真面目な若者達
  5. 遊ぼうよ!
  6. 祭りの後に思うこと
  7. はじめての買い物(前編)
  8. 年初の決意

最近の記事

  1. 牛巻き寿司
  2. 牡蠣
  3. カニ汁
  4. Moll’sライブ

メニュー一覧

メニュー一覧

アーカイブ

PAGE TOP