ある早春の一夜の情景

 花を買いに行ったら、桃の花がありました。

 壷に生けてみました。
 もう少し細身の花瓶の方が合っていますし、
 生け方もイマイチですが、それでもまさに、

 「灯りをつけましょ雪洞に、お花をあげましょ桃の花」

 になりました。


 お店をすっかりきれいにして、冷蔵庫の中もきれいにして、
 お香も焚いて、すっきりした気分でお客様をお待ちしていた時、
 ハタと気付きました。

 
 「今日は給料日の金曜日だ!」


 こういう日は、店は暇なのです。
 しかも昼間は暖かな晴天。
 「夕方から雨模様」といった天気予報の時は繁盛するのです。
 先日の雪の日など、満席でした。

 だから、「まあ、今日はのんびりやるか」と思っていましたが、
 案の定、暇です。
 出張帰りの常連様1名、そして出張中の関西の方1名…要するに、
 「遠路はるばる」のたまたまのお客様のみ。


 その内、風がものすごく強くなってきて、店の暖簾が何度も外れます。
 お客様もいなくなったので、「もう、暖簾、しまっちゃえ」と
 暖簾を収納し、ついでに店の看板の灯りも消してしまいました。
 
 外に出ると、昼間の暖かさがウソのような寒さです。
 店内に戻り、BGMも消して、一人、ギターの練習などしておりました。

 そうしたら……。
 どんどんお客様が入って来るのです。
 もう閉店したというのに……。
 しかも、普段でも滅多に来店のない、一見の若い男性の一人客まで。
 
 つくづく変なお店です。

 BGMを止めちゃったので、私がずっとギターを弾いておりました。
 この頃、結構ギターの練習をしているので、BGMとしても何とか
 成立するぐらい弾けるようになっています。
 それをやっていると、必ず言われます。
 
 「マスター、歌ってくださいよ」

 全然困りません。
 困ったフリをして、喜んで「Stand By Me」を歌います。

 「マスター、歌ってくださいよ」
 と言われると、必ず、清水健太郎「失恋レストラン」の歌詞を思い出します。
 今度、練習して、歌ってやろうと思います。

「~みんな、帰った、その~後で 強がり言ってたこの俺は~
 ひ~とり~、失恋レストラン、まだ恋したこともない そうさ…」

 なんて、私にはハマり過ぎかもしれませんが。

 まあ、とにかく、楽しくお店をやっていられて、とってもしあわせです。

関連記事

  1. 開店8周年
  2. 2012年の雛祭り
  3. 店主プロフィール
  4. 大宮駅西口「三洞」で驚く人々
  5. お酒はたっぷり、濃い目に!
  6. 世間と逆なのです。
  7. この人が料理を作っています
  8. 宮藤官九郎?

最近の記事

  1. 牛巻き寿司
  2. 牡蠣
  3. カニ汁
  4. Moll’sライブ

アーカイブ

PAGE TOP